上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MJ4、MJ4EVOで特に話題になった話がありましたね。

「不正行為」


これに関してはSEGAもヘトヘトに困らせましたね。
まぁ、もちろん元凶はSEGAの処置にあります。


①過疎雀荘超高レートで八連荘JACKPOT
この時はさすがにSEGAもやられた感がありましたね。
私も「ほぅ、頭使ったなぁ(;゚ω゚)」と思いました。
これがきっかけで八連荘が廃止になりました。

②トレーニングモード実践編差込
まぁ①と同じ過疎環境での話ですね。
これがきっかけでトレモ実践編での称号の経験値変動が廃止になりました。

③四麻大会差込が動画でうpされる
この事件がSEGAの運営が処理を間違えたことを世に知らしめた。詳しくは後述。

④過疎雀荘の4連勝アイテムを巡って不正行為が大流行
これがまさかのSEGA放置状態。お陰でユーザーからの信頼を完全に失う。
しかも不正狩りに関しては一部のユーザーに丸投げ。



一貫して言うと、
SEGAの運営方針の腐敗です。

①と②は、SEGAが事件発生から時間的にだいぶ後に通知されたから仕方ないとして。


③です問題は。
SEGAが取った不正者への処置が、、、

ま さ か の ス コ ア B A N の み 。

こんな処置では、他のユーザーはどう思うでしょうか?
十中八九、「なんだ、その程度のリスクなんだな。」と思うはずです。

それからというもの、その次の大会でも検挙こそは無かったものの、不正大流行・・・・・・・
そして④を誘発。




普通、オンラインゲームの運営がこれほどの罪を犯した不正ユーザー(しかも証拠動画まで存在する)に対して行う処罰は、


  垢

  B

  A

  N



常識です。オンラインゲームの常。

垢BANすることによって、「過去にそんなユーザーが居て、存在を抹消された」という事実が残り、他のユーザーが不正行為に手を出すことが無くなるのです。
垢BANのリスクを覚悟で誰が不正行為をするでしょうか?


結局はゲーム会社としての姿勢の問題ですよね・・・・・。
ユーザーから100円でも多くお金が必要かなのか知りませんが・・・・・。


えーと、MJ5引継時に誓約の1画面が出てきます。
「不正行為を行ったユーザー様に対しては、カードデータを削除させていただく可能性があります。」と。
同意ボタンを押さないと引継できません。

はたして5では有言実行してくれるのでしょうか!?

スポンサーサイト
真・最近の記事V1.1

プロフィール

数学不敗

Author:数学不敗




↓マウスカーソルを上に置くと拡大します。
MJ4-6
MJ4-5
MJ4-1
MJ3
MJ2
SNC3
MFC


MJ4・攻略ブログ
MJ4ブログランキングに参加中ッ!

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

Twitter

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。